林産加工学分野

課題研究論文・修士論文タイトル


課題研究論文, 修士論文


■ 課題研究論文タイトル

年度 西暦 タイトル
H28 2016 マイクロフォーカスX線CTを用いた竹材の乾燥過程における水分移動の可視化
木材の仕口接合強度の非破壊的な評価方法の検討
腐朽後乾燥した木材の細胞の形態的特徴量と物性パラメータとの関係
曳山車輪モデルの応力集中領域におけるひずみの測定
H27 2015 曳山車輪の曳き回し時におけるひずみから見た車輪の強度特性
湿度制御した温風熱処理における漆仕上げ材の表面ひずみの測定
虫害を受けた梁材の打撃振動解析による空洞部の検出
粘着テープ引きはがし時に発生するアコースティック・エミッションを利用した木材表面の毛羽立ちの評価
木材の縦切削における先割れの発生と刃先近傍のひずみ分布との関係
H26 2014 コントラバスの振動特性 −エンドピから床への振動伝搬特性−
木材の接着強度に及ぼすすり合わせ・木殺しの効果
こけら葺屋根に用いた銅板の防腐効果について−銅板が葺込まれた平葺面における銅元素分布−
H25 2013 打音解析を用いた木材中の生物劣化による空洞の検出
伝統的木造建築物において石材と接触している木材の白化部位の蛍光X線分析
H24 2012 竹材におけるチビタケナガシンクイ幼虫の摂食過程のX線CT装置による観察
圧縮セット木材における100GHzミリ波の透過特性
低速二次元切削における切削ひずみの画像相関法による測定
H23 2011 木材の低速二次元縦切削における切削型の分類について
熱処理したヒノキ試片の100GHzにおける誘電特性
アメリカカンザイシロアリ食害材における虫糞堆積を考慮した空隙の評価
H22 2010 マイクロフォーカスX線CT装置による乾燥中の木材における自由水移動の可視化―自由水分布の経時変化の観察―
木ねじによる木材の変形と引き抜き耐力の関係―X線CT画像を用いた割れと圧縮の評価―
縦振動の伝搬速度および固有振動数から求めた木材の弾性率の差に関する一考察
伝統的木橋の施工技術に見られる木材の生物劣化対策の検証
アカマツ林土壌中の外生菌根菌相と水分条件の関係
H20 2008 木質構造物の非破壊的強度評価のためのセンサ開発 −木ねじのねじ込み仕事による強度評価−
H19 2007 ゼオライト造粒材料の吸放湿性とシロアリ貫通阻止性能
H17 2005 パターン認識によるラジアータパイン材における青変部位の自動認識
イエシロアリの摂食活動から発生する水素 緩やかな換気条件での濃度測定
H16 2004 木材塗装面の表面性状と官能評価の関係 ミズナラにおける下地仕上げと塗料の関係
H15 2003 出土木材中の擬似AE波の減衰
イエシロアリが放出する二酸化炭素の測定 NDIR式CO2センサを用いた濃度測定
H14 2002 研削振動のパターン認識による帯鋸歯研削工程の自動識別
シロアリ食害から発生するガスの検出 ガスクロマトグラフを用いた成分分析
セラミックガスセンサによる木材腐朽菌から発生するガスの検出
H13 2001 木材の横圧縮における温度上昇
ボールエンドミルによる木材の平面加工における仕上げ面の粗さ
H12 2000 有限要素法による木質床モデルの振動解析 −床構造の振動モード及び振動振幅への影響−
木材加工に関する職業教育訓練の実態 家具工場における技能習得に関するアンケート調査
PEG含浸中の木材小試験片におけるAE発生
レーザ変位計による木材加工面の表面粗さ評価 とくに塗装面の粗さ評価について
H11 1999 木材加工室における浮遊粉塵濃度の予測 −三次元濃度分布の予測と集塵条件の最適化−
木材切片における水分の離脱とAE発生
汚泥固化・破砕材(ポリナイト)のシロアリバリアへの適用
H10 1998 粗滑感に対応した木材表面粗さ評価法に関する研究 官能検査に基づく包絡線型基準面の決定
インパルス応答を利用した木材における縦波の減衰特性の評価
シロアリの食害活動に及ぼす光および気流の影響
H9 1997 振動刺激に対するイエシロアリの反応
木材加工に関するマルチメディア対応型データベースの構築 −書誌データの充実と自己増殖型データベースの試み−
よいバイオリンを作るために −胴体の振動モード解析の利用−
木材の加工面粗さの三次元的評価
有限要素法による木質床モデルの剛性と振動モード解析
研削音パターン認識による帯鋸歯研削過程の監視
H8 1996 木材曲げ試験時のサーモグラフィ
木材加工に関するマルチメディア対応型データベースの構築 −同義語辞書作成などによる検索機能の向上−
H7 1995 木材加工に関するマルチメディア対応型データベースの構築 −書誌データ検索システムの作成−
木材の圧縮試験における発熱挙動
木材の低速二次元切削における切削温度のサーモグラフィ −温度に及ぼす切削速度の影響−
木材研削時の浮遊粉じん濃度の時間変化と粉じん粒子の形状
ビデオマイクロスコープによるシロアリの摂食行動の観察 −摂食行動とAE発生の関係−
圧電性高分子フィルム(PVDF)のAE検出特性とシロアリ食害検出への適用
種々の粗さパラメータによる木材加工表面の評価 工学的評価と感覚評価
H6 1994 木材加工時に発生する微小粉じんの形態的特徴
H5 1993 切削音による仕上げかんな盤のかんな刃の摩耗状態の識別
H4 1992 木材の低速二次元切削における工具-切屑-母材系の温度のサーモグラフィ
我国における製材技術の変遷 −特に和歌山県北部地域を例として−
H3 1991 木材の乾燥過程におけるAE発生 −無機塩及びPEG処理の影響−
H2 1990 自動一面かんな盤における切削時の騒音と被削材の関係
AEによるシロアリ食害材の検出 −実大材への適用−
パーティクルボードの断続切削におけるセラミックス製単一鋸歯の初期摩耗
紙の引張過程におけるAE源の位置標定
単一鋸歯の切削抵抗 −刃先の研ぎ上げ状態の影響−
H1 1989 CO2レーザによる木材の穴あけ
木材の乾燥過程におけるAE発生に関する研究
木材の低速二次元切削時に発生するAE
木材のCO2レーザ加工におけるj臨界加工パワー密度とエネルギー密度
紙の引張過程におけるAEの発生源
S63 1988 アコースティック・エミッションによる接着不良合板の識別
帯鋸の固有振動数と振動振幅
S62 1987 数種の騒音対策を施したチップソー間の騒音・振動比較
初期腐朽木材の部分圧縮試験時のアコースティック・エミッションに関する研究
木材の乾燥過程で発生するAEについての基礎的研究
S61 1986 防振合金製チップソーの空転時の騒音
乾燥割れとアコースティック・エミッション
丸のこ腰入れ評価の試み
S60 1985 穴あけ加工時の工具の温度 −先端形状と外周逃げの影響−
モアレトポグラフィによる帯のこの変形観察
木材中のAE波の伝搬特性
ベイツガ初期腐朽木材の曲げ試験時のAE
ミズナラの乾燥過程におけるアコースティック・エミッション
S59 1984 木材の乾燥過程におけるアコースティック・エミッション
S58 1983 帯鋸走行位置制御装置を設けた帯鋸盤による挽材
光切断法による丸太形状の三次元的把握
穴あけ加工におけるドリルの温度
擬チッパー切断衝撃音に関する一つの試み
S57 1982 光切断法による原木形状の計測
木材衝撃時に発生する音について
帯鋸走行位置に及ぼす鋸身温度の影響
S56 1981 木材切削工具における工具刃先の温度分布に関する研究
原木丸太の自動計測に関する基礎研究
S55 1980 丸鋸の騒音と振動の発生状態について
アルミ薄板処理された準残響室の音場改善 −固定式拡散板による場合−
木材加工機械の災害事例解析
阪南港における輸入木材処理に関する調査研究
帯鋸と鋸車の接触圧力分布の感圧紙による測定
S54 1979 舞鶴港における木材輸入の実態調査
木材加工機械の騒音測定環境について −残響室的空間の場合−
木材加工機械の災害事例解析
帯鋸の走行安定に関する基礎的研究
丸鋸の騒音と振動の発生状態について
チップソーの摩耗に関する基礎的研究
S53 1978 チップソーの摩耗経過 −単一鋸歯によるパーティクルボードの断続切削−
空転走行丸鋸の騒音と振動挙動との関連
木材の超音波振動切削における切込量と切削力との関係
S52 1977 丸鋸の騒音におよぼす空気噴流吹き付け効果ならびに振動挙動について
木材の超音波振動切削における切込促進効果および切屑形状
帯鋸の走行安定に関する研究
騒音測定環境に関する研究
S51 1976 舞鶴港における北洋材荷役の実態とその改善方策について
ツー・バイ・フォー工法オープン化のわが国木材業界への影響
丸鋸の騒音におよぼす空気噴流の影響
S49 1974 手押カンナ盤の騒音と振動 −空転時について−
木材輸入港の一実態
S48 1973 鋸及び鉋にみる日本木工道具史
単一壁及び二重壁による遮音効果の研究
静摩擦係数に及ぼす振動の影響
外材問題への計算機の応用 −初歩的な2、3の応用例−
横挽き用鋸歯による木材切削の研究
S47 1972 高速度カメラ並びに顕微鏡写真によるヒズミの解析
丸鋸盤の騒音発生に関する基礎的研究
S46 1971 パーティクルボード切削による超硬工具の摩耗
刃先断面形状の観察法とその形状の木材切削に及ぼす影響
旋削における切削抵抗の一測定法
S45 1970 普通合板製造工場における設備機械の現状と生産との関連性
S44 1969 カッター刃先の切削温度に関する研究
振子式木材切削試験器による木材切削の研究 −横挽き用鋸歯による南方産材の切削−
木材切削工具の寿命に関する研究
チッパー騒音の総合的研究 −チッパー騒音の騒音分析および企業におけるその実態−
木材切削時における工具摩耗と切削力に関する研究
S43 1968 木材切削による炭素工具鋼の摩耗
食塩水による工具材料の腐食について
自動一面カンナ盤の騒音に関する研究
S42 1967 鋸歯による木材の切削試験 −振子式木材切削試験を用いて−
帯鋸盤の騒音に関する研究
S41 1966 木材の被削性ならびに振子式木材切削試験器の性能についての研究
単一 chain saw 歯の木材切削性能試験 −上刃刃先角の影響及びそれと他の各角度との交互作用−
木材工場の騒音に関する調査研究
S40 1965 Chain-saw toothによる木材の切削試験 −振子式木材切削試験器を用いて−
木材の多孔性構造とその力学的性質
木材の切削抵抗の測定 −振子式試験器、抵抗線歪測定器、高速度カメラを用いて−
オオウズラタケによる腐朽材の赤外線吸収スペクトルについて
S39 1964 木材における鋼球押込みについて
Chain-saw toothによる木材の切削試験 −振子式木材切削試験器を用いて−
振子式木材切削試験器による木材切削に関する研究
木材の捩りクリープに関する研究
S38 1963 振子式木材切削試験器による木材切削
S36 1961 Studies on the withdrawal resistance of nails - Effects of shank-modifications -
S35 1960 釘保持力に関する研究
S28 53 釘の尖端角度が保持力に及ぼす影響について
S27 1952 釘保持力に関する研究

■ 修士論文タイトル (ページのトップに戻る)

年度 西暦 タイトル
H28 2016 コントラバス ― 床系の振動伝達特性と奏者の体感との関係
すり合わせ・木殺しが木材の接着性能に及ぼす効果
こけら葺屋根における葺込銅板の防腐効果
H27 2015 礎石と接触している木材の白化現象の解明
H26 2014 切削時の木材におけるひずみ分布からみた仕上面の生成機構
Non-destructive evaluation of larval growth and feeding of the bamboo powder-post beetle Dinoderus minutus using X-ray CT and AE monitoring (チビタケナガシンクイの幼虫の成長と摂食活動のX線CTおよびAEモニタリングによる非破壊評価)
H25 2013 高速度カメラを用いた打撃時の竹刀に生じる変形およびひずみの測定
木炭の燃料としての性能の評価方法
H24 2012 マイクロフォーカスX線CTによる木材中の自由水分布の可視化
木ねじの引き抜き耐力におよぼす下穴径の影響
木橋敷板接合面への水のしみ込みに対する伝統的工法の効果に関する検証
H20 2008 100GHzのミリ波に対する木材の透過特性
土壌中に生息するシロアリが放出する代謝ガスの検出
H19 2007 パターン認識によるラジアータパイン材における青変部位の自動認識
H18 2006 木材に対する水性塗料のぬれと付着性に及ぼす加工面性状の影響
H17 2005 マイクロフォーカスX線CTによる乾燥中の木材における自由水移動の可視化
H16 2004 研削振動のパターン認識による帯鋸歯研削状態の自動識別
シロアリから発生する水素およびメタン検出とシロアリ探知への適用性
H15 2003 木材の圧縮変形における仕事と熱のエネルギー収支 縦切削時の縮み型切り屑の温度上昇についての検討
ボールエンドミルによる木材の三次元曲面加工の最適化 レーザ変位形を用いた仕上げ面の粗さ評価
H14 2002 飛騨地域の家具製造業における職業教育訓練の現状と課題 技能工、管理者および経営者に対するアンケート調査
木材保存処理へのAE法の適用 乾燥及びPEG処理におけるAE発生
触覚を考慮した木材加工面の粗さ評価 突出山部高さ(Rpk)と粗滑感の関係
H13 2001 数値計算による木材加工室における浮遊粉塵濃度分布の予測
木材切片の乾燥中に発生するAE 柔細胞におけるキャビテーションとAE発生の関係
建設汚泥固化・破砕材を用いた粒子層のシロアリ物理バリアとしての有効性 パイプを用いた二三の貫通試験による検討
H12 2000 レーダを用いた木質構造物の生物劣化の非破壊評価
H11 1999 イエシロアリの音響・振動刺激に対する反応
触覚を考慮した木材加工面の粗さの評価法に関する研究
有限要素法による木質床モデルの振動解析 −床‐壁からなる三次元構造モデルの解析−
木材中を伝搬する弾性波のウェーブレット解析とその非破壊検査への応用
H10 1998 木材の熱的異方性を利用した繊維走向の三次元的評価
H9 1997 木材加工面粗さの特徴と粗さパラメータによる評価法に関する研究
木質住宅におけるシロアリ食害のAEを利用した検出システムの構築 −AE計測系の最適化−
H6 1994 光切断法による柱状物体の自動計測
帯鋸歯形状の最適化に関する研究
H5 1993 木材の接着不良のサーモグラフィによる検出
H4 1992 シロアリ食害材から発生するアコースティック・エミッション(AE)に関する研究
パターン認識によるチップソーの摩耗状態の識別
鋸歯の切削機構に関する研究 −あさりの逃げ角と切削抵抗との関係−
H3 1991 ハンマー腰入れされた丸鋸の振動と残留応力について
H2 1990 合板の試験時に発生するAEに関する研究
H1 1989 鋸身材料の減衰能とスリットの充填から見たチップソーの金属音抑止の検討
S63 1988 実大材の曲げ試験時のアコースティック・エミッション
S61 1986 木材の乾燥過程におけるアコースティック・エミッション
S57 1982 丸鋸盤の防音安全化に関する研究
木材の断続切削における切削抵抗の変動と切削抵抗に及ぼす切削速度の影響
帯鋸の走行位置とアクチュエータによるその制御について
S56 1981 木材加工機械の騒音評価に関する一提案
S52 1977 木材加工機械の騒音パワー測定に関する研究
S50 1975 手押かんな盤の騒音に関する研究
S47 1972 木材切削工具の摩耗による微細構造の変化
パーティクルボード切削による超硬チップの摩耗に関する研究
騒音における遮音壁の研究
S43 1968 丸ノコの温度分布について
S42 1967 木材腐朽機構に関する物理化学的考察

トップページ

研究内容

 卒論・修論タイトル

研究業績

研究室メンバー


English Page






所在地
〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
農学部総合館 S-220

TEL: 075-753-6245
FAX: 075-753-6245

リンク
京都大学
京都大学大学院農学研究科